美白に効果アリ洗顔方法としては、まず、メイクや日焼け止め、余分な皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)などをきちんと落とすということが大切です。


例えば、アイメイクやチーク、ファンデーション(類似品として、ドーラン、コンシーラー、フェイスパウダー、水おしろいなどがあるでしょう)などが落としきれていなければ、美白とは程遠い肌の状態になってしまうでしょう。


日焼け止めもウォータープルーフのものは落ちにくいですので、きちんと落とせるような洗顔料、または、メイク落としなどを使っましょう。


また、洗顔の時に、熱すぎるお湯を使うと乾燥やたるみ、肌荒れの原因になるため、ぬるめのお湯や水を使います。


それから、肌をこすってしまうのも美白の妨げになりますから、良く泡立てて優しく洗うようにしましょう。


丁寧なすすぎは大切なのですねが、時間をかけて洗えばいいというのものでもありません。


それに、一日に何度も洗顔すると、肌に負担を掛けてしまうものですし、皮脂が出やすくなってしまいますので、朝晩一回ずつくらいが一番です。


洗顔後は清潔なタオルで、そっと押さえるようにして水気を拭き取り、すぐに保湿します。


汚れを残さない、こすらないというのが、美白に効果が期待できる洗顔方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)のポイントになります。

PR