スキンケア用品選びは肌タイプで判断するだけでなく、使用する時間によって使い分けるという人もいます。日中に使うスキンケア用品と、就寝時に使うスキンケア用品は、配合成分が異なります。夜に使うスキンケア用品は、昼と違って紫外線対策の成分は含まれておらず、肌の代謝を促進する成分が含まれています。夜に使うスキンケア用品は昼のメイクから解放された肌をリフレッシュするための効果があるものです。眠っている間にみずみずしい新たな皮膚をつくることが、夜の目的です。夜に使うスキンケア用品では肌を乾燥から守るために保湿効果の高い成分が使われています。夜中の使用に適したスキンケア用品を日中につけていると、保湿効果が出すぎて化粧が取れやすくなります。しみやしわの解消も、夜のスキンケア用品によって集中的に行います。夜に使うスキンケア用品の選択では、どういった作用が必要となっているかは重要です。きちんと昼用と夜用のスキンケア用品を区別して使用方法を守っていると肌の状態は少しずつ改善していきます。お肌が求める成分を適切に与えることができるスキンケア用品選びは、肌のお手入れの基本です。さまざまなスキンケア用品が販売されていますので、自分の用途に合ったものを選びましょう。

PR